Top / 社長挨拶
神河照美

社長挨拶

自然豊かなひょうたん水の里、大分県佐伯市に生まれ育ちました私は、自然環境と健康は切り離せないものであると考えておりました。

私が、平成3年に36才で佐伯市議会議員になりました時には、環境問題に積極的に取り組み、地球に優しい街つくり条例の制定に携わりました。
地域の人々と関われば関わるほどに、この地球上で生かされている人は、自然の恵みである地球の生命エネルギーを摂り入れる事が健康に密接に繋がっている事を感じました。

そして、私が開発しました『ひょうたん水』が平成11年7月に清涼飲料水としての認可を受け販売を始めてから今までの約14年間、愛用者の方々のお声一つ一つに笑顔の輪が広がって行く事を励みとして参りました。
また、環境に優しい材料にこだわりを持って作ったオリジナルの石鹸シャンプー『ひょうたんシャンプー』は、商品化から約15年の間改良を重ねて参りました。
経営革新計画
今回新たに食品レベルの材料にこだわり、更に弊社のオリジナル深層海塩を加えたシャンプーを作ったところ、洗い上がりやクシ通りの良い、ノンストレスの石鹸シャンプーが出来上がったのです。
そこで、商品名を『ひょうたんしゃんぷぅ』と改め、『高品質な自然素材のみを利用した自然素材シャンプーの開発及び販売』を経営革新計画のテーマとし経営革新計画に申請しました。
そして、厳しい審査を経た結果、平成23年度大分県経営革新計画に承認されました。
さらに、平成24年度大分県経営革新対策費補助金の交付決定を受け、オーガニックEXPO2012に出展いたしました。

様々に問われる環境問題に至っては、個人個人の環境に対する意識が変わる事で改善されて来ています。より環境に優しいものを選び、使う人が増える程に地球環境も良くなって行くと考えております。
そして、地球環境が良くなる事は、人間が地球と調和する道筋を歩む事となり、地球の生命エネルギーを受け入れる私達にも良い影響として共鳴して来るのではないかと思います。

私は、明日の未来を見つめ、今日を生きることに精一杯だった時期があります。
その経験を通して、『本来の姿を取り戻す』というテーマのもと、一人でも多くの方に健康で幸せな人生を送っていただく為のきっかけとなれる事、そして、お客様や社会との絆を結んで行ける事を願い、社員一丸となって努力して参ります。

        
有限会社 オフィス神河         
代表取締役 社長サイン